但馬

  • 印刷
きれいに生まれ変わった花壇越しに瑞風を出迎える園児たち=養父市、八鹿浄化センター
拡大
きれいに生まれ変わった花壇越しに瑞風を出迎える園児たち=養父市、八鹿浄化センター

 八鹿浄化センター(兵庫県養父市八鹿町八鹿)に24日、花などを植栽した誰でも利用できるオープンガーデンがお目見えした。今後は毎週金曜日限定で午前9時から午後5時まで開放。初日は近くの子どもたちが訪れ、目の前のJR八鹿駅に停車した「トワイライトエクスプレス 瑞風」を愛らしい笑顔で出迎えた。

 同センターはこれまで一般の立ち入りはできなかった。近年は植樹の手入れが十分行き届かず、雑草が生い茂っていたという。

 “惨状”に手を焼いた同市上下水道課が、花をめでながら列車を間近で見られるビューポイントとするため今年9月ごろ、たじま高原植物園(香美町村岡区)の植栽主任、田丸和美さんが主宰する村岡ガーデンクラブに植栽を委託。植樹エリアのうち220平方メートルに花壇などを設け、生まれ変わらせることになった。

 デザインは田丸さん、雑草の処理や花の植栽は同植物園のボランティア4人が担当。バラやアジサイ、ビオラなど400株以上を植え、春にはチューリップなどの球根も花を咲かせるという。作業した女性(62)=養父市中瀬=は「すっきりして見栄えも良くなった」と喜ぶ。

 この日は近くの日光認定こども園(八鹿町下網場)の園児27人が訪れ、瑞風に手を振った。女児(6)は「初めて見た瑞風はかっこよかった。お花もきれい」と話していた。

 同課TEL079・664・1629

(黒川裕生)

但馬の最新
もっと見る

天気(12月19日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 60%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ