但馬

  • 印刷
四角形の曲輪は、本来の尾根を大規模に造成したと考えられている=朝来市、竹田城跡
拡大
四角形の曲輪は、本来の尾根を大規模に造成したと考えられている=朝来市、竹田城跡
花屋敷の防御機構について学ぶ参加者ら=朝来市、竹田城跡
拡大
花屋敷の防御機構について学ぶ参加者ら=朝来市、竹田城跡
高さ7メートルの石垣を見学する参加者ら=朝来市、竹田城跡
拡大
高さ7メートルの石垣を見学する参加者ら=朝来市、竹田城跡

 国史跡・竹田城跡(兵庫県朝来市和田山町竹田)で、通常立ち入り禁止の「花屋敷」が4年ぶりに公開された。鉄砲を撃てるよう石塁にへこみを設けた「鉄砲狭間」や高さ7メートルの石垣など、防御に特化した遺構を約40人が見学した。

 市教委が開く「竹田城跡ヘリテージ講座」の一環。花屋敷は竹田城跡の北西に伸びる尾根上に築かれた四角形の曲輪。標高は本丸より約20メートル低く、城跡内のほかの曲輪と比べても防御力を高めた構造で、城の裏口を守ったと考えられている。

 市教委文化財課の中川京太郎主事(29)は「石塁に設けた鉄砲狭間は佐賀県の名護屋城跡にも例があるが、非常に珍しい遺構」と解説。初めて花屋敷を訪れた和田山観光ボランティアガイドの太田高裕さん(65)=同市生野町新町=は「石垣が高くそびえ、上から見るのと印象が全然違う。改めて戦闘用に築かれた城だったのだなと感じた」と話した。

 花屋敷は、石塁の土砂流出などが著しく、史跡保護や観光客の安全確保を理由に2013年から非公開。市は将来的な公開に向けて今後整備を進めるという。(長谷部崇)

但馬の最新
もっと見る

天気(12月19日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 60%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ