但馬

  • 印刷
調査で見つかった大木谷古墳群の「竪穴系横口式石室」=豊岡市日高町山本
拡大
調査で見つかった大木谷古墳群の「竪穴系横口式石室」=豊岡市日高町山本
大木谷古墳群から出土した鉄刀=豊岡市日高町国分寺
拡大
大木谷古墳群から出土した鉄刀=豊岡市日高町国分寺

 兵庫県教育委員会は29日、豊岡市日高町山本の山中にある「大木谷古墳群」の発掘調査で、4世紀や6世紀などに造られた古墳計13基が新たに発見され、副葬品とみられる鉄製の刀や剣、土器などが見つかったと発表した。木棺を納めていた遺構のほか、九州北部に多い形の石室を備えた古墳も見つかり、出身地の異なる人たちが、同時代に隣接する地域で暮らしていた可能性が高いという。

(秋山亮太)

 北近畿豊岡自動車道の延伸工事に伴い、今年8月下旬から、同地区の山の斜面約4400平方メートルを調査。古墳は、谷を挟んで南北に位置する尾根の上に点在していた。

 調査した県まちづくり技術センター(神戸市中央区)によると、南側で見つかった古墳12基のうち、計4基が4世紀後半か6世紀後半に造られたという。最大で長さ11メートル、幅20メートルあり、いずれも木棺が入る遺構があったという。

 一方、北側で唯一見つかった古墳は6世紀後半のもので、「竪穴系横口式石室」という石室があることが分かった。入り口部分に段差があるのが特徴で、九州北部の古墳で多く見られる形という。同センターの山田清朝副課長は「北側の古墳を造ったのは、他地域からの移住者やその子孫なのではないか」と話す。

 12月3日午後1時半から、一般向けの現地説明会が開かれ、同センター職員らが調査の成果などを紹介する。説明会の模様は、播磨町大中の県立考古博物館でもライブ中継される。いずれも参加無料。同古墳群現地事務所TEL0796・42・5822

但馬の最新
もっと見る

天気(12月18日)

  • 8℃
  • 2℃
  • 10%

  • 8℃
  • -3℃
  • 20%

  • 8℃
  • 2℃
  • 0%

  • 9℃
  • 0℃
  • 10%

お知らせ