但馬

  • 印刷
感謝状を手渡される古路妙子副店長(左)とオーナーの奥谷正吾さん=美方署
拡大
感謝状を手渡される古路妙子副店長(左)とオーナーの奥谷正吾さん=美方署

 電子マネーを使った詐欺被害を防いだとして、兵庫県警美方署は30日、ローソン香美町香住店=香美町香住区=に感謝状を贈った。同店は店を挙げて被害防止に努めているといい、3月にも詐欺被害を水際で防いでいる。

 同署によると、10月21日午後、同店で70歳代の男性が電子マネーのプリペイドカードを購入しようとしているのに、古路妙子副店長(45)が気付いて声を掛けた。

 男性はパソコンを使用中、画面に未納料金を請求する文面や、電話番号が表示されたと説明。電話で「未納額は30万円だが、キャンペーン中なので急げば割り引きになる」といわれ、4万円のカード3枚を購入するよう指示されたという。古路同副店長は男性に承諾を得た上で、美方署に通報。男性は被害を免れた。

 この日は、古路副店長とオーナーの奥谷正吾さん(53)が同署を訪れ、廣瀬哲也署長から感謝状を手渡された。奥谷さんは「『自分や家族と同じように、お客さんの被害も防ごう』と呼び掛け、ほかの店員にもさらに積極的な声掛けを促したい」。廣瀬署長は「但馬でも新しい手口が相次いでいる。『おかしいな』と思ったらまず相談してほしい」と訴えていた。(小日向務)

但馬の最新
もっと見る

天気(12月19日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 60%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ