但馬

  • 印刷
谷常製菓の新商品のロールケーキ=養父市八鹿町八鹿、谷常製菓
拡大
谷常製菓の新商品のロールケーキ=養父市八鹿町八鹿、谷常製菓
朝来市産の酒かすを使ったスフレを開発した塩見澄江さん=朝来市和田山町殿、山城の郷
拡大
朝来市産の酒かすを使ったスフレを開発した塩見澄江さん=朝来市和田山町殿、山城の郷

 兵庫県養父市のパン工房「ピーターパン」と、同市の製菓会社「谷常製菓」がそれぞれ、洋菓子の新商品を発売する。ピーターパンは、朝来市産の日本酒の酒かすを使った焼き菓子「スフレ」、谷常は自社栽培したイチゴを使ったロールケーキで、いずれも地元食材にこだわっているという。(那谷享平)

 ピーターパンの新商品は「竹泉雄町の酒かすスフレ」。主に朝来市産ヒノヒカリの米粉を使った生地に、竹泉の銘柄で知られる同市の酒造会社「田治米合名会社」製の酒かすなどを混ぜた。ほのかな日本酒の香りとうまみが味わえる。

 レシピを考案したのは、ピーターパンを営む塩見浩二さん(66)、澄江さん(61)夫妻。米粉は長女の夫で、農家の吉田和之さん(43)=朝来市=が育てた。 スフレの開発は、吉田さんが田治米合名会社の酒米「雄町」を契約栽培している縁で、数年前からスタートした。塩見さん夫妻は、理想の食感と見た目を追い求め、焼き加減の試行錯誤をくり返したという。

 12日から、国史跡・竹田城跡の麓にある観光施設「山城の郷」(朝来市和田山町殿)のレストランのメニューに加わる。同施設も「竹田城跡の雲海を思わせる柔らな食感が魅力。城跡の閉山中にも、施設に観光客が来てもらうきっかけにしたい」としている。

 アルコールは含まれていないという。ドリンク付きで税込み980円。竹田城の山開きに合わせ、3月からは売店でもホールで販売する。山城の郷TEL079・670・6518

 谷常製菓は1月末、インターネット通販限定で、「朝摘み完熟いちごロール」の販売を始める。養父市の本社工場横の自社ハウスで栽培したイチゴをふんだんに使い、見た目も華やかに仕上げている。

 同社は、収穫したてのイチゴを確保するため、2015年にハウスを建設し栽培に乗り出した。16年には、自社のイチゴを使った菓子専門ブランドを立ち上げ、新商品の開発に力を注ぐ。

 今回のロールケーキは、専門ブランドとしては5品目となる。蜂蜜入りのクリームを、イチゴで色付けした生地でくるみ、さらに生のイチゴとクリームで飾り付けた。蜂蜜は養蜂を営む特区事業者の製品を使う。

 同社は「完熟イチゴは少し酸味があり、甘めのクリームとのバランスがいい」とする。長さ16センチで税抜き2900円(別途送料が必要)。22日から予約受付を始める。イチゴが収穫できる5月ごろまで、期間限定で販売する。谷常製菓TEL079・662・2261

但馬の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ