但馬

  • 印刷
「生野鉱山および鉱山町の文化的景観ガイドブック」=朝来市生野町口銀谷
拡大
「生野鉱山および鉱山町の文化的景観ガイドブック」=朝来市生野町口銀谷

 兵庫県朝来市は、「生野鉱山および鉱山町の文化的景観ガイドブック」を作成した。鉱山業とともに独特の文化を育んできた、生野の景観の貴重さについて、豊富な写真と共に分かりやすく解説。将来へ継承していくための方針も示している。(長谷部崇)

 生野地域の景観は2014年3月、「生野鉱山および鉱山町の文化的景観」として、国の重要文化的景観に選定された。範囲は口銀谷、太盛、奥銀谷、金香瀬の4地域で、構成要素は180件。うち旧海崎病院や旧生野警察署、日下旅館など68件を「重要な構成要素」と位置づけている。

 ガイドブックは、市が昨年3月に策定した「文化的景観整備計画」を市民に分かりやすく伝えるため、その概要版として作られた。

 この中でまず地域の課題として、生野鉱山の採掘終了から40年以上が経過し、構成要素の老朽化や、働く場の減少などを指摘。文化的景観を継承するための基本方針として、鉱山町の空き家を利活用した地域興しや観光交流を掲げ、構成要素を守るルールとして、改築や改変を行う場合の届け出・報告を求める。また修理・修景する場合の補助制度についても解説している。

 A4判、オールカラー12ページ。1万3千部を刷り、生野町内に全戸配布した。市内の各施設に置くほか、全国文化的景観地区連絡協議会の加盟団体にも配る。

     ◇

 18日午後2時~4時半、朝来市生野町口銀谷の生野マインホール2階会議室で、「生野の文化的景観シンポジウム」がある。

 神戸松蔭女子学院大学日本語日本文化学科の田附敏尚講師が、「全国の方言から見た生野の特徴と地域性」と題して基調講演する。また田附さんや地元住民によるパネルディスカッションもある。コーディネーターは神戸芸術工科大学の小浦久子教授。入場無料。

 朝来市文化財課TEL079・672・4937

但馬の最新
もっと見る

天気(2月23日)

  • 10℃
  • 3℃
  • 10%

  • 11℃
  • -2℃
  • 40%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 13℃
  • 1℃
  • 10%

お知らせ