但馬

時計2018/6/25 05:30神戸新聞NEXT

  • 印刷
最優秀賞に選ばれた日日是晴天丸こと、澤部晴太郎君=出石永楽館
拡大
最優秀賞に選ばれた日日是晴天丸こと、澤部晴太郎君=出石永楽館
大勢の観客が詰めかけた初の「出石永楽館全国子ども落語大会」=出石永楽館
拡大
大勢の観客が詰めかけた初の「出石永楽館全国子ども落語大会」=出石永楽館

 全国の小中学生らが笑いの技術を競う「第1回出石永楽館全国子ども落語大会」の決勝が24日、兵庫県豊岡市出石町柳の芝居小屋「出石永楽館」であった。予選を勝ち抜いた8人が熱演。観客たちによる審査で、奈良県の小学6年生、日日是晴天丸こと、澤部晴太郎君(12)が初代王者の座に輝いた。

 地域活性化に取り組む住民や落語愛好家らによる実行委が初開催。出場者を全国公募したところ、関西を中心に27人が集まり、23日、出石町内の寺2会場で予選が行われた。

 この日の決勝は6歳から中学3年生までの8人が出場した。300人を超える観客が見守る中での舞台に子どもらは「緊張した」と口をそろえたが、古典や新作の落語を見事に演じていた。審査は、観客たちの投票で決まった。優秀賞には独楽家なおい丸こと、大阪市の小学6年生村松直君(11)、3位の「永楽賞」には日日是春里天丸こと、奈良県の小学2年生澤部春里さん(8)が選ばれた。

 最優秀賞になった澤部君は「書割盗人」という古典を披露した。貧乏長屋に引っ越したが、家財道具を一つも持たない男の物語。部屋に白い紙を貼ってタンスや金庫などを描いており、盗みに入った泥棒と男が「盗んだつもり」などと問答を繰り広げる。

 澤部君は「登場人物たちの会話の間にこだわって練習した」といい、速いテンポの語りと大きな動きで、爆笑をさらっていた。

 記念の盾を受け取った澤部君は「舞台の雰囲気やお客さんの笑顔に力をもらえた。大きな賞をもらえて本当にうれしい」と笑顔。来年の大会にも参加する予定といい「もっと面白い落語ができるよう練習していきたい」と話していた。(秋山亮太)

但馬の最新
もっと見る

天気(11月15日)

  • 17℃
  • 12℃
  • 10%

  • 16℃
  • 9℃
  • 20%

  • 18℃
  • 10℃
  • 10%

  • 17℃
  • 9℃
  • 20%

お知らせ