但馬

  • 印刷
神鍋高原にオープンした「カンナベ・ファイブ・センス」=豊岡市日高町栗栖野
拡大
神鍋高原にオープンした「カンナベ・ファイブ・センス」=豊岡市日高町栗栖野

 自然豊かな神鍋高原(兵庫県豊岡市日高町)で手ぶらのままアウトドアが楽しめる施設「カンナベ・ファイブ・センス」が23日、同町栗栖野でオープンした。ベッドを備えたテントで宿泊ができ、地元飲食店が作るスペアリブなどの本格的な料理が気軽に味わえる。

 同高原のアップかんなべスキー場を運営する「アドバンス」が開設した。敷地内は足元にウッドチップが敷かれて木の香りに包まれているほか、鳥のさえずりが聞こえ、自然を満喫できる。

 5張あるテントは床が直径約5メートル、高さが最大約3メートル。中にはダブルベッド2台やクッションなどがあり、5人まで泊まれるという。バーベキュー台、テーブルなどが併設され、朝食と夕食で近くの「燻製工房 煙神」が作るスペアリブやサラダなどの料理が食べられる。同社で施設を担当する男性(35)は「神鍋の自然を丸1日楽しめるはず。ぜひ多くの方に使ってもらいたい」と話している。

 宿泊を含む施設利用料は1グループ(5人以内)で、平日・日曜日が2万4千円。土曜日は5千円増、祝祭日は1万円増。別途、食事代などが必要で、大人5500円、小学生4200円、4~6歳2300円、3歳以下無料。祝日除く火、水曜休み。TEL0796・45・1545

(秋山亮太)

但馬の最新
もっと見る

天気(11月15日)

  • 17℃
  • 12℃
  • 10%

  • 16℃
  • 9℃
  • 20%

  • 18℃
  • 10℃
  • 10%

  • 17℃
  • 9℃
  • 20%

お知らせ