但馬

  • 印刷
床上浸水した民家の清掃活動を行った、市社協の職員やボランティア=養父市大屋町明延
拡大
床上浸水した民家の清掃活動を行った、市社協の職員やボランティア=養父市大屋町明延

 兵庫県養父市社会福祉協議会の職員や市民ボランティアが10日、西日本豪雨で被害を受けた同市大屋町明延で、民家に堆積した土砂の撤去など清掃活動に当たった。

 明延地区は、5日午前6時から7日午後1時までの累計雨量が477ミリに達し、一部の家には山から土砂が流入した。

 この日は、被害を受けた高齢女性の住む家で、同協議会の職員5人とボランティア3人が清掃作業に臨んだ。家財道具を運び出し、石灰をまく消毒作業などを実施した。

 同市大屋町門野の男性(76)は「困ったときはお互いさま。今後も地域で助け合いの輪を広げたい」と話していた。

但馬の最新
もっと見る

天気(7月17日)

  • 34℃
  • 27℃
  • 10%

  • 36℃
  • 25℃
  • 10%

  • 36℃
  • 27℃
  • 20%

  • 37℃
  • 27℃
  • 20%

お知らせ