但馬

  • 印刷
豊岡市立図書館本館にオープンした「いこいの庭」。図書を持ち出して青空の下で読書が楽しめる=豊岡市京町
豊岡市立図書館本館にオープンした「いこいの庭」。図書を持ち出して青空の下で読書が楽しめる=豊岡市京町

 兵庫県豊岡市立図書館本館(豊岡市京町)がこのほど、リニューアルされた。ベンチやソファに腰掛けてくつろげる屋内外のスペースを、1カ所ずつ新設。通常静かなイメージの図書館だが、屋内の「いこいの間」では話すこともでき、芝生が広がる屋外の「いこいの庭」は、館内から持ち出した本を青空の下で満喫できる。(秋山亮太)

 現在の図書館本館は1999年にオープン。20年近く市民に親しまれてきたが、近年は老朽化で照明や空調なども故障がちに。利用者も減少傾向だったため、てこ入れのため市が改装を決めた。具体的な方針については、利用者やNPO法人のメンバー、大学教授らの意見を参考にし、昨年2月に「未来プラン」としてまとめ、同館の改修を進めてきた。

但馬の最新
もっと見る

天気(8月22日)

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

  • 38℃
  • ---℃
  • 10%

  • 38℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ