但馬

  • 印刷
鮮やかな緑が一面に広がる=朝来市山東町金浦
拡大
鮮やかな緑が一面に広がる=朝来市山東町金浦
鮮やかな緑が一面に広がる=朝来市山東町金浦
拡大
鮮やかな緑が一面に広がる=朝来市山東町金浦
鮮やかな緑が一面に広がる=朝来市山東町金浦
拡大
鮮やかな緑が一面に広がる=朝来市山東町金浦
鮮やかな緑が一面に広がる=朝来市山東町金浦
拡大
鮮やかな緑が一面に広がる=朝来市山東町金浦

 兵庫県朝来市の夜久野高原で大規模農業に取り組む「緑の風農場」の白ネギほ場(同市山東町金浦、約1・8ヘクタール)で、青みがかった緑色が一面に広がっている。

 同農場の白ネギほ場は、高原全体で約4・5ヘクタールあり、早生から晩生種まで約10品種を栽培。5月中旬~6月下旬を除き、年間通じて収穫できるようにしており、豊岡市や京都府福知山市の市場のほか、京阪神にも出荷している。

 寒暖差の大きな環境や火山灰由来の黒ボク土で育ったネギは甘くてやわらかく、「まほろばねぎ」として商標登録している。秋冬のネギはブランド化も目指しているという。

 ネギ専用の収穫機は畝に沿ってゆっくり進みながらネギを掘り起こし、土を落とす。従業員らは数十本ずつクロス(布)でくるみ、そろえた葉先を切り落として作業場へ運ぶ。熱中症にかからないよう、午前6時から作業に取りかかり、日中の暑い時間帯は休憩するようにしているという。

 従業員らは「例年にない暑さ。こまめに水分を取ったり、あめをなめたりしています」と話していた。(長谷部崇)

但馬の最新
もっと見る

天気(8月22日)

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

  • 38℃
  • ---℃
  • 10%

  • 38℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ