但馬

  • 印刷
青白く幻想的に光るウミホタル=豊岡市竹野町竹野
拡大
青白く幻想的に光るウミホタル=豊岡市竹野町竹野

 海中で幻想的に青白く光る甲殻類の仲間、ウミホタルの観察会が8月31日まで毎日、兵庫県豊岡市竹野町の竹野浜周辺で開かれている。主催するNPO法人「但馬自然史研究所」(同町竹野)が参加者を募集している。

 ウミホタルは、砂浜などに生息する体長3ミリほどの節足動物。ホタルのように体自体が光るのではなく、刺激を与えると出す粘液が、酸素と反応して青白く光るのが特徴だ。

 同NPO法人が、夏休みを通して観察会を開くのは初めてで、連日午後7時半にスタートする。同研究所の本庄四郎代表によると、月明かりのない夜の方が観察に向くという。

 餌をボトルに仕込み、水深2メートルほどの海に投入。解説を聞いたり、海中の夜光虫を見たりしながら、中に入るのを待つ。ボトルを引き上げたら、コップや網に移してじっくり観察する。最後に海に帰すと、透明度の高い海の中で花火のようにきらめく様子が眺められることも。

 参加は2人から。天候により中止になる場合もある。高校生以上千円、中学生以下500円。親子割引あり。希望者は当日午後7時までに電話などで申し込む。同研究所TEL090・5893・3139

(阿部江利)

但馬の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 23℃
  • 14℃
  • 0%

  • 24℃
  • 8℃
  • 0%

  • 25℃
  • 12℃
  • 0%

  • 24℃
  • 10℃
  • 0%

お知らせ