但馬

  • 印刷
使い込んだ靴の供養も行われた「ヒラキ靴まつり」=ヒラキ生野事業所
拡大
使い込んだ靴の供養も行われた「ヒラキ靴まつり」=ヒラキ生野事業所

 靴飛ばし大会や即売会などを盛り込んだ「第13回ヒラキ靴まつり」が26日、兵庫県朝来市生野町真弓のヒラキ生野事業所であった。家族連れら約3千人が、ステージイベントなどを楽しんだ。

 靴の語呂合わせで、9月2日に近い夏休み終盤に靴販売の「ヒラキ」(神戸市西区)が開いている。会場では、「お笑いライブ」などのイベントが行われた。割安商品を販売する「大即売会」のコーナーでは、子ども靴やサンダルが並び、お目当ての商品を求める買い物客でにぎわった。

 履きつぶしたお気に入りの靴に感謝する「靴供養」も行われ、同社の店舗や地元の住民らが約800足を持ち込んだ。夫や孫と訪れた朝来市の女性(66)は「家族5人分の靴を持ってきました。元気でよく動き回る孫たちに、新しいものを買おうかな」と話していた。

 また同社は靴をテーマにした川柳を募集しており、全国約1万点の中から入選作が発表された。大賞には「しゃがみ込む 肩にかかった 小さな手 孫の靴ひも 結ぶ幸せ」が選ばれ、入選作品と合わせて掲示された。(桑名良典)

但馬の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 80%

  • 12℃
  • ---℃
  • 80%

  • 12℃
  • ---℃
  • 90%

  • 11℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ