但馬

  • 印刷
但東市民センター1階に完成した新しい歯科診療所。河原忍さん(右)と伸明さんの親子が交代で勤務する予定=豊岡市但東町出合
拡大
但東市民センター1階に完成した新しい歯科診療所。河原忍さん(右)と伸明さんの親子が交代で勤務する予定=豊岡市但東町出合

 兵庫県豊岡市立但東歯科診療所が1日、但東市民センター(同市但東町出合)の1階に完成し、記念式典が開かれた。同町は市内で唯一、歯科医院の“空白区”だったが、4年ぶりの再開となる。診療を担当するのは、同市城崎町で歯科医院を運営する河原忍さん(69)と伸明さん(29)親子。診療開始は6日からで、当面は木曜日の週1回となる。

 旧但東歯科診療所は1973年、現但東庁舎の近くにオープン。豊岡市が施設を管理し、赴任した医師が運営を担っていた。しかし長年運営していた歯科医師が2014年に死去し、その後は閉鎖状態になっていた。住民からは診療所の復活を望む声が多かった。

 新しい診療所は、但東市民センター1階にある和室を、約5200万円掛けて改装した。当面は毎週木曜日を診療日とし、時間は午前9時~正午、午後1時半~午後5時。体調を崩している忍さんが回復すれば、土曜日の診療も開始する。

 忍さんは「歯科治療を通して住民の健康増進に協力したい」と抱負を語る。また、伸明さんは「ほかの医療機関とも連携し、地域に根差した診察を行っていきたい」と意気込んでいる。(桑名良典)

但馬の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 80%

  • 12℃
  • ---℃
  • 80%

  • 12℃
  • ---℃
  • 90%

  • 11℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ