但馬

  • 印刷
坂道で力を振り絞るサイクリスト=香美町香住区土生
拡大
坂道で力を振り絞るサイクリスト=香美町香住区土生

 城崎温泉街(兵庫県豊岡市城崎町)を出発し、山陰海岸や神鍋高原、円山川河口域などを巡るサイクルイベント「第7回山陰海岸ジオパークコウノトリチャレンジライドin但馬」が、2日開かれた。29都道府県から集まったサイクリスト777人が参加し、起伏に富んだ約120キロのコースで汗を流した。

 山陰海岸ジオパークを全国にPRしようと毎年開催。タイム計測はなく、最大標高差409メートルと、アップダウンの激しさが特徴。途中3カ所に設けられた「エイドステーション」では、二十世紀梨や出石そばも振る舞われた。

 発着地点の城崎中学校では「キャノンデール」「トレック」「デローザ」などの愛車にまたがった参加者が、35人前後のグループごとに出発。美しい海岸線や稲刈り前の田園風景を楽しみながらペダルをこぎ、つらい峠道を登り切った後の下りでは、気持ちよさそうに風を受けていた。

 3回目の出場という大阪府吹田市の会社員(46)は「海あり山ありのコースで、終わってからの温泉が最高」。先導スタッフとして参加した宝塚市の会社員(36)は「但馬の土地の美しさが感じられ、走りがいがあります」と話した。(長谷部崇)

但馬の最新
もっと見る

天気(11月19日)

  • 16℃
  • 12℃
  • 60%

  • 15℃
  • 10℃
  • 80%

  • 17℃
  • 12℃
  • 60%

  • 16℃
  • 11℃
  • 50%

お知らせ