但馬

  • 印刷
米国の祭典に参加する橘俊暁さん(左)、慶龍さん親子=豊岡市竹野町須谷
拡大
米国の祭典に参加する橘俊暁さん(左)、慶龍さん親子=豊岡市竹野町須谷

 バンジョーとエレキベースの音楽ユニット「Gredora(グリドラ)」として活動する、兵庫県豊岡市の橘俊暁さん(50)、慶龍さん(18)親子が今月下旬、米国ノースカロライナ州で開かれる音楽の祭典「ワールド・オブ・ブルーグラス」に参加する。目標とする演奏家が多く集まるあこがれの会場で、演奏の幅を広げる技術や音楽性を身に付けたいという。(秋山亮太)

 グリドラは10年前、18歳からバンジョーを続ける俊暁さんが「一緒に演奏しよう」と、当時小学4年生だった慶龍さんを誘ったことをきっかけに結成。現在は関西を中心に、全国のイベントなどで演奏に励む。

 2人が参加する米国の祭典には、バンジョーやマンドリンなどで奏でるカントリーミュージック「ブルーグラス」の演奏家、愛好家らが世界中から集う。9月25日から約1週間、同州のローリーという町を会場に、コンサートや演奏を通じた国際交流をはじめ、多彩な催しが続く。橘さん親子も「一度は訪れたかったイベント」と期待を膨らませる。

 今年、親子でバンド活動を始めて10周年。慶龍さんもこの春で高校を卒業し、本格的に2人でバンド活動に取り組み始めた。その第一歩として、ブルーグラスの本場米国の祭典に参加することを決めた。俊暁さんは8月で仕事を退職し、演奏活動に専念。慶龍さんは渡米のため、高校卒業前からアルバイトを始めて旅費をためてきた。

 現地では交流会などには参加できるが、入国審査などの関係で、商業的な演奏活動やCDの販売などはできないという。それでも俊暁さんは「本物の音楽を見聞きできるだけでも、僕たちの成長につながる。今後グリドラが目指す音楽を探したい」とやる気十分。慶龍さんは「技術が高いだけでなく、『親子っていいな』と思ってもらえるバンドが目標。地域に貢献できるような活動を探りながら、頑張っていきたい」と話している。

但馬の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 29℃
  • 24℃
  • 70%

  • 27℃
  • 22℃
  • 80%

  • 29℃
  • 23℃
  • 80%

  • 28℃
  • 22℃
  • 80%

お知らせ