但馬

  • 印刷
木彫の大型作品が並ぶ2人展。養父市の松田一戯さん(手前)らが出品した=養父市大屋町加保
拡大
木彫の大型作品が並ぶ2人展。養父市の松田一戯さん(手前)らが出品した=養父市大屋町加保
木彫の大型作品が並ぶ2人展。養父市の松田一戯さん(手前)らが出品した=養父市大屋町加保
拡大
木彫の大型作品が並ぶ2人展。養父市の松田一戯さん(手前)らが出品した=養父市大屋町加保

 木彫の大型作品などを手掛ける2人の作家の企画展が15日から、兵庫県養父市大屋町加保のおおやアート村ビッグ・ラボで始まる。普段は倉庫に収納されていたり、公共施設に展示されたりしている12点を集め、展示場いっぱいに並べる。作品のスケール感を楽しめるほか、同じ木彫でも作家の個性の違いを間近で感じることができる。(桑名良典)

 出展したのは、養父市在住の松田一戯さん(71)と、大阪在住の池田丈一さん(69)。松田さんは但馬を拠点に活躍する木彫家のグループ「但馬木彫」をけん引する一人で、県文化功労賞なども受賞している。池田さんは新潟県出身で、兵庫県知事賞などを受賞し、過去にもビッグ・ラボでの展覧会にも出展している。

 今回の2人展は、「30年ほど互いの存在を意識し、作品に刺激を受けてきた」という松田さんが、池田さんに声を掛けて初めて実現した。展覧会名は「SOKOギャラリー~2人の木の造形~」とした。

 作品は、かつて学校の体育館だった展示場いっぱいに並ぶ。松田さんは、高さ約1・8メートル、奥行き約6メートル、幅約1メートルの立体作品「風の道」など7点を出展。また池田さんは、ひらがななどの文字を造形した「ふれあいの記号2011-ほっす」など5点を出品している。松田さんは「個性の違いや、長く続けてきた歴史を感じ取ってほしい」と話している。

 来年2月11日まで。今月22、23日には、大型の木彫作品を組み立てるワークショップが開かれる。午前9時~午後5時。入場料一般300円、中学生以下150円。水曜休館。おおやアート村ビッグ・ラボTEL079・669・2449

但馬の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 29℃
  • 24℃
  • 70%

  • 27℃
  • 22℃
  • 80%

  • 29℃
  • 23℃
  • 80%

  • 28℃
  • 22℃
  • 80%

お知らせ