但馬

  • 印刷
ライトアップで、幻想的に浮かび上がる玄武洞=豊岡市赤石
拡大
ライトアップで、幻想的に浮かび上がる玄武洞=豊岡市赤石
ぬくもりがあるあんどんの光が、道を照らす=豊岡市赤石
拡大
ぬくもりがあるあんどんの光が、道を照らす=豊岡市赤石

 山陰海岸ジオパークを代表する見どころの一つ、兵庫県豊岡市赤石の玄武洞公園で、毎年恒例のライトアップが始まった。題して「160万年前の大地の煌めき」。日暮れごろ、黒っぽい玄武岩の柱状節理が照明で白く輝き、浮かび上がった陰影が幻想的な風景を作り上げる。10月の毎週金、土曜日夜に点灯するほか、土曜日には和太鼓などの生演奏コンサートも開かれる。(阿部江利)

 普段とは違う雰囲気を味わってもらおうと、NPO法人「玄武洞ガイドクラブ」が年1回催しており、今年で5回目。公園内にある玄武洞と青龍洞を、照明で照らす。玄武洞などに向かう歩道には、地元の伝統工芸「杞柳細工」にちなんだかご細工などのあんどん約70個を並べ、温かみのある明かりを演出した。

 音が大きく響き渡る玄武洞では、今年もライトアップをバックにコンサートが開かれる。6日に予定していた1回目は台風のため中止となったが、7日にはフルートとハープの演奏会を予定。13日と27日には、豊岡市や京都府のグループによる和太鼓演奏、20日には中南米の民族音楽のコンサートを企画している。

 同法人の木下道則事務局長(69)は「今年はコンサートをたくさん用意した。秋の夜長を、玄武洞で音楽を聴きながら過ごしてみませんか」とPRする。

 ライトアップは、日没前の午後5時半~9時ごろ。コンサートはおおむね午後7時半から約1時間、玄武洞前広場で開く。雨天の場合は同公園休憩所で開催する。入場料は中学生以上500円で、コンサート開催日は同千円。

但馬の最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 23℃
  • 17℃
  • 50%

  • 22℃
  • 13℃
  • 50%

  • 24℃
  • 16℃
  • 70%

  • 23℃
  • 16℃
  • 60%

お知らせ