但馬

  • 印刷
かやぶき職人による木のアスレチックを楽しむ子どもたち=豊岡市日高町名色
拡大
かやぶき職人による木のアスレチックを楽しむ子どもたち=豊岡市日高町名色
マウンテンバイクを勢いよく走らせるプロ選手たち=豊岡市日高町名色
拡大
マウンテンバイクを勢いよく走らせるプロ選手たち=豊岡市日高町名色

 野山での外遊びを楽しみながら、人と自然の関わりを学ぶイベント「山とアソブ日」が20日、兵庫県豊岡市日高町名色のロッジ「みんなのやまごやなないろ」であった。但馬地域内外から“外遊びの達人”が集い、木登りや森の探検、火の扱い方などを伝授。親子連れなど約300人を楽しませた。

 神鍋高原を拠点にするNPO法人「かんなべ自然学校」が主催し、2回目。アウトドアガイドらがスキー場跡地や森の中に、人と自然の関わりを学べる約30ブースを出した。石ころアートやまき割り体験、神鍋火山の散策などを行った。

 山の斜面や森の中には、マウンテンバイクのプロ選手らが高低差のあるコースを作った。初心者を手ほどきした富田敬子さん(43)=大阪府=は「自転車で山に入る機会は少ないが、ふかふかの土や根っこの感覚は格別」と魅力を語る。

 また、かやぶき職人らは、子どもたちに実演を見せようと約6メートルの「木のジャングルジム」を設置した。同町の男性(36)は「かやぶきの中の空間や見晴らしの良さを感じてほしい」と話していた。

 香美町村岡区の会社員男性(38)は10歳の娘とアルコールランプづくりを体験。「地元にこんな催しがあってうれしい。山ならではのゆったりした時間がたまらない」と喜んでいた。(阿部江利)

但馬の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 18℃
  • 11℃
  • 10%

  • 18℃
  • 7℃
  • 20%

  • 19℃
  • 10℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ