但馬

  • 印刷
迫真の演奏で観客を沸かせた「蓑輪裕之SUPER TRIO」=豊岡市日高町東河内
拡大
迫真の演奏で観客を沸かせた「蓑輪裕之SUPER TRIO」=豊岡市日高町東河内

 音楽フェスティバル「第1回かんなべ高原JAZZ」(神戸新聞社後援)が28日、兵庫県豊岡市日高町の神鍋高原で催された。国内外で活躍するジャズ奏者たちが、同町清滝、西気地区のコミュニティセンターやペンションなど4会場に分かれて出演。約220人の観客が心地良い調べに酔いしれた。(金海隆至)

 紅葉が美しい季節に、大好きな但馬地域を音楽で元気づけようと、地元のジャズ愛好家や歌手たちでつくる実行委員会が初めて企画した。今回は全て屋内会場となったが、次回以降は屋外開催も検討するという。実行委メンバーの原啓一さん(71)=日高町山宮=は「子どもたちに感動してもらうことで、将来的には著名なジャズメンを輩出できれば」と夢を語る。

 今回は、「高槻ジャズストリート」の立案者でもあり、ベーシストの蓑輪裕之さん(65)が率いる「蓑輪裕之SUPER TRIO」をはじめ、ラテンジャズに定評のあるバンド「Ajims(味娘)」など豪華4組をゲストに招いた。

 西気地区コミュニティセンターでは、「蓑輪裕之SUPER TRIO」の3人がフィナーレで迫真の演奏を繰り広げた。観客が挙げた五つの音をモチーフに、即興で曲を作り上げるジャズの神髄を披露。シャンソンの名曲「枯葉」でアンコールに応えると、拍手が鳴りやまなかった。

 香美町村岡区から訪れた会社員男性(60)は「本物の演奏が聴けて最高、しびれました。来年もぜひ開催してほしい」と興奮した様子で話していた。

但馬の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 18℃
  • 11℃
  • 10%

  • 18℃
  • 7℃
  • 20%

  • 19℃
  • 10℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ