但馬

  • 印刷
「余部クリスタルタワー」完成1周年記念式典でくす玉を割る出席者ら=香美町香住区余部
拡大
「余部クリスタルタワー」完成1周年記念式典でくす玉を割る出席者ら=香美町香住区余部
「空の駅」駅長のそらちゃんの着ぐるみも登場したじゃんけん福引大会=香美町香住区余部
拡大
「空の駅」駅長のそらちゃんの着ぐるみも登場したじゃんけん福引大会=香美町香住区余部

 JR餘部駅(兵庫県香美町香住区余部)の展望施設「余部鉄橋『空の駅』」で4日、エレベーターの完成1周年記念式典が開かれた。駅からの絶景を眺めに大勢の人々が訪れ、にぎわった。

 エレベーターは「余部クリスタルタワー」の愛称で親しまれ、地上約40メートルの「空の駅」まで40秒ほどで到達できる。昨年11月26日に稼働し、今月1日までに18万3827人が搭乗した。

 記念式典では、地元の余部連合自治会の門浦光吉会長(64)が「悲願だったエレベーターが、但馬の一大観光拠点として成長している。うれしい」とあいさつ。浜上勇人町長や余部幼稚園の園児5人らとくす玉を割り、1周年を祝った。

 新温泉町への旅行帰りに訪れた加西市の女性(52)は「空の駅」へ上がり「海が見渡せる上、秋になると木々が色づいていっそうきれい。来て良かったです」と話した。

 周辺の芝生広場では関連イベントも。今夏就任したカメの駅長「かめだそら」ちゃんが、じゃんけん福引大会の主催者として登場。来場者とのじゃんけんは着ぐるみの“代役”に譲ったが、駅長の帽子をかぶり、1日ご機嫌な様子だった。

 福引で最高賞の石油ストーブを当てた神戸市立舞多聞小学校1年の男児は、母(35)のそばで「家に帰って早く箱を開けたい」と笑顔を見せた。(金海隆至)

但馬の最新
もっと見る

天気(11月18日)

  • 18℃
  • 11℃
  • 10%

  • 18℃
  • 7℃
  • 20%

  • 19℃
  • 10℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ