但馬

  • 印刷
スタジオジブリ作品のキャラクターグッズがずらりと並ぶ一角。山陰・北近畿では最大級という=豊岡市城崎町湯島
拡大
スタジオジブリ作品のキャラクターグッズがずらりと並ぶ一角。山陰・北近畿では最大級という=豊岡市城崎町湯島
2階の和室では書道や茶道のワークショップが開かれる=豊岡市城崎町湯島
拡大
2階の和室では書道や茶道のワークショップが開かれる=豊岡市城崎町湯島

 山陰や北近畿地方では最大級となるスタジオジブリ作品のキャラクターグッズ販売コーナーがある店「一六八」が11日、兵庫県豊岡市城崎町の城崎温泉街の一角にオープンする。同温泉街でゆかたのレンタル、販売を手掛ける「いろは」から、日本文化の発信機能を強化した新店舗が独立した。物販に加え、書道や茶道などを体験できる講座も開く。

 店は、外湯「地蔵湯」近くの大谿川沿い。以前は呉服店だった木造3階建ての建物を今年6月から改装し、うち1、2階を店として開いた。屋号は「いろは」を漢数字で記して「一六八」とし、看板などには、日本文化を体験できる施設だとPRする英語のサブタイトルを付けている。

 1階は主に物販スペースで、「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」「千と千尋の神隠し」などスタジオジブリ作品のキャラクターグッズを扱い、ぬいぐるみやタオル、文房具など400種類を並べる。店内は作品の世界観を意識し、和室やのれんなどで演出した。外国人でも使いやすい国産の足袋やげたなども扱う。

 2階は三つの和室があり、たたみに赤富士や鶏の絵がデザインされたふすまなど、日本らしさを強調した内装に。書道や華道、茶道の講座を企画するほか、はかまを借りて記念撮影も楽しめるようにする。講座がない時はドリンクバー(有料)利用者に休憩スペースとして使ってもらう。

 同温泉街では近年、外国人観光客が急増しているが、物販店が多い半面、体験ができる施設は少ないことから、新店を計画。日本のアニメ作品グッズは外国人客に高い人気を誇ることから、スタジオジブリのキャラクターグッズなどを製作、販売する「ベネリック」(東京都港区)に打診し、店内に専用コーナーを置くことにした。

 一六八の系谷瞳社長は「城崎に、より幅広い層のお客さんが来られればうれしい。体験施設として満足度も高めていきたい」とする。(秋山亮太)

但馬の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • 8℃
  • 50%

  • 10℃
  • 5℃
  • 60%

  • 13℃
  • 7℃
  • 90%

  • 12℃
  • 8℃
  • 70%

お知らせ