但馬

  • 印刷
消防長感謝状を贈られた田渕朝子さん(右から2人目)、吉浩さん(同3人目)、田渕中さん(同4人目)=ハチ北観光協会
拡大
消防長感謝状を贈られた田渕朝子さん(右から2人目)、吉浩さん(同3人目)、田渕中さん(同4人目)=ハチ北観光協会

 10月下旬に兵庫県香美町村岡区大笹で起きた林野火災で、的確な初期消火をしたとして、美方広域消防本部は12日、同区大笹のハチ北観光協会で、地元の住民3人に消防長感謝状を贈った。3人は「夢中だったが、お互いに力を合わせた結果」と喜んだ。

 感謝状を受けたのは、大笹の田渕吉浩さん(50)と妻朝子さん(32)、田渕中さん(70)。

 同本部によると、火災は先月28日午後2時すぎに発生。元民宿の駐車場で、近くの男性が落ち葉を燃やしていた火が、隣接する斜面の雑木林に燃え広がった。車で通り掛かった朝子さんが男性と一緒に消そうとしたが、火勢は衰えず、吉浩さんに電話で応援を求め、119番通報もした。

 連絡を受けた吉浩さんは、自宅から消火器を携えて現場へ。近くにいた中さんも用水路からバケツで水をくみ、3人が分担して消火に励み、約20分後に消し止めたという。

 この日、同本部の植村博昭消防長(59)は「消火が遅れていたら、大規模な山火事や建物への延焼につながる恐れがあった。適切な行動のおかげで被害が最小限に抑えられた」と述べ、感謝状を手渡した。朝子さんは「火の粉や煙にまみれ怖かったが、必死だった。当たり前の事をしただけ」と笑顔だった。(金海隆至)

但馬の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • 8℃
  • 50%

  • 10℃
  • 5℃
  • 60%

  • 13℃
  • 7℃
  • 90%

  • 12℃
  • 8℃
  • 70%

お知らせ