但馬

  • 印刷
祖父・治郎右衛門さん(中央)の戦争体験をまとめた、与田祐太朗さん(右)と弟の晃弘さん=豊岡市高屋
祖父・治郎右衛門さん(中央)の戦争体験をまとめた、与田祐太朗さん(右)と弟の晃弘さん=豊岡市高屋

 戦争を記録し後世に伝えようと、新風書房(大阪市)が毎年出版している本「孫たちへの証言」にこのほど、兵庫県豊岡市出身の与田祐太朗さん(27)が書いた祖父の体験談が掲載された。自爆による攻撃を指示された、満州での従軍体験。シベリアでの抑留生活。何度も死線をくぐり抜けた祖父から細かく聞き取った話をまとめている。与田さんは「祖父の生々しい記憶は、公の財産。自分と同世代の人たちにも、リアルな声を聴いてほしい」とする。(阿部江利)

 「孫たち-」は、同社が1988年に発刊。以降、当事者が自ら書いた体験談を年1回募り、記録集として出版してきた。経験者が減る中、伝承にも力を入れようと、2年前の29集からは子や孫による聞き書きの「伝承編」も設けている。

但馬の最新
もっと見る

天気(12月14日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 6℃
  • 3℃
  • 80%

  • 10℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 4℃
  • 40%

お知らせ