但馬

  • 印刷
「あなたの好きな但馬弁は?」を尋ねたポスターを前に、但馬弁談義に盛り上がる皆さん=豊岡市日高町栗栖野
拡大
「あなたの好きな但馬弁は?」を尋ねたポスターを前に、但馬弁談義に盛り上がる皆さん=豊岡市日高町栗栖野
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
各地で見られる但馬弁の看板
拡大
各地で見られる但馬弁の看板
各地で見られる但馬弁の看板
拡大
各地で見られる但馬弁の看板

 普段の取材中にもよく耳にする「但馬弁」。「~しとんなる」「だしけぇ」など、兵庫県南部では聞かない言葉だ。「うみゃー」など、但馬弁の看板もあちこちで見る。せっかく但馬にいるのだから、但馬弁を使いこなしたいが、なぜかうまくいかない。何でも「但馬弁は東京の言葉に近い」「名古屋弁と基が同じ」という説もあるとか。ほんまかいな。但馬弁って何なんだろう。調べてみた。(阿部江利)

 神戸新聞の記事では、2002年ごろから、但馬弁について、名古屋弁に近い説や中国方言の系統説を紹介している。「~だから」を意味する接続助詞「だしけ」も、大別して「しけぇ」「けぇ」「さけぇ」の3種類あるとし、各地の差の大きさも調べたこともあった。中国方言と似ていることと、地域差があることがポイントのようだが、実際はどうなのだろう。

■但馬は関西弁でない?

 まずは、専門家に聞いてみよう。方言に詳しい甲南大学(神戸市)文学部の都染直也教授(60)だ。但馬地域でも2003年に、JR山陰線など鉄道沿線で方言の違いを聞き取り、調査結果をまとめている。

 都染教授によると、兵庫の方言はまず但馬と但馬以外に大別でき、但馬以外をさらに淡路と淡路以外に分けられるという。「但馬は兵庫県なので関西ですが、但馬弁は他地域と違い、鳥取や岡山と同じ中国方言の流れなんです」

 但馬弁は関西弁と違い、例えば母音が連続する「赤い」という言葉は、母音が融合して「アケャー、アケー、アカー」となり、岡山や名古屋の方言に似た発音だという。ある言葉や単語を発音するとき、どこを高く、そして低く発音するかという「アクセント」も、関西弁の「京阪式」ではなく、東京の言葉と似た特徴がある「東京式」に分類されている。

 ではなぜ但馬で、東京式と共通点の多い中国方言が広まったのか。方言の広がり方については、日本語学の世界でもまだ謎が多いが、「山が多い内陸の陸路より、北前船に代表されるように日本海沿いに文化圏も移動したため、中国方言も広がったのではないか」と都染教授は推測する。

 03年に実施した調査では、さらに面白い現象もみられたという。兵庫県内のJR山陰線沿いでは、朝来や養父など京阪神に近い所ほど、年配の人でも語尾に「~ヤ」「~ヤンカ」など関西弁が混ざっていたが、旧香住町では女子中学生だけに、中国方言と関西弁が混ざった表現が確認された。

 関西弁の「~ヤンカ」に但馬弁「ダ」が混ざった「~ダンカ」という表現で、都染教授は「方言をそのまま受け入れるのではなく、関西色を取り入れている点が面白い」という。

■人気1位は「だしけぇ」

 なるほど、但馬弁をまねるのが難しい理由が分かった。東京の言葉に近いからなのか。しかも、方言は日々形を変えているらしい。

 では、但馬の皆さんは、但馬弁をどう思っているのだろう。よく聞く但馬弁を一覧表にし、街角で「あなたの好きな但馬弁は」と尋ねてみた。

 約50人に聞いた結果は、1位「だしけぇ」と2位「おっとろっしゃ」がダントツの人気に。さらには、出るわ出るわ、聞いたこともない但馬弁の数々。「ねき(近所)」「ぼる(取る)」「なつべる(片付ける)」など、皆さんそれぞれ、よく使うこだわりの但馬弁をお持ちのようだ。

 どこで聞いても、但馬弁談義は大盛り上がりだった。「近所の子どもたちが『ばんなりました』ってあいさつしながら帰って行く、あの雰囲気が何ともいえず心地いいの」「知ってる? オーストラリアとロシアが戦争で対面した時に『おっとろっしゃ』って言ったって」「私は南但だから、(養父市大屋町)の『うちげぇのアート』の『うちげ』が好き」などなど。話題も愛も尽きない。

 想像した以上に、但馬弁は奥が深かった。今後も機会があれば、調べたい。ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。

■関西弁か否か、事典編集でも議論に 甲南大の都染教授の解説

 本文にも登場した甲南大学の都染直也教授に、但馬弁についてさらに詳しく聞いた。

 「今年3月に『関西弁事典』を出版した時も、編集委員の中で、但馬弁をどうするかが最初に議論になったんですよ。行政は兵庫県だから関西。でも方言は鳥取や岡山と同じ中国方言。じゃあ、京丹後や但馬をどうするんだ、とね」

 「結局、事典では『京都府の奥丹後および兵庫県の但馬は中国方言的な色彩が濃いが、それぞれ京都、兵庫の方言として一括的に扱う』などと、ただし書きを入れました」

 「兵庫全体を見ると、阪神間や姫路市より北や東の播磨地域では『京阪式』のアクセントが使われています。そして中国方言の但馬は『東京式』。ところが兵庫県には、『京阪式でも東京式でもない』地域が、たつの市など西播から朝来市、丹波市に帯状に見られ、京丹後市に至ります」

 「つまり、但馬も東京式と『いずれでもない』地域に分かれます。また、通勤・通学圏などが鳥取県に近い所ほど、鳥取方言の影響を受けやすいと考えられる。そのため、但馬地域の中でも言葉に違いが見られるのです」

但馬の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • 8℃
  • 50%

  • 10℃
  • 5℃
  • 60%

  • 13℃
  • 7℃
  • 90%

  • 12℃
  • 8℃
  • 70%

お知らせ