但馬

  • 印刷
第1回グランプリ作品「トンネル」(前島範久さん作)
拡大
第1回グランプリ作品「トンネル」(前島範久さん作)
第5回グランプリ作品「記念写真(犬の来た日)」(松田京子さん作)
拡大
第5回グランプリ作品「記念写真(犬の来た日)」(松田京子さん作)
第25回グランプリ作品「おおやの森の物語りより第1章創世記」(仲間智登志さん作)
拡大
第25回グランプリ作品「おおやの森の物語りより第1章創世記」(仲間智登志さん作)

 木彫芸術の発信をテーマに1994年から兵庫県養父市大屋町で始まった、「公募展木彫フォークアートおおや」の25周年を記念する展示会が21日から、大阪市北区の阪急うめだギャラリー(阪急うめだ本店9階)で開かれる。過去のグランプリ作品全25点を含めた、計60点を紹介する。26日まで。(桑名良典)

 同展は日本文化の原点でもある木を見直し、木彫芸術を全国に発信することを狙って、養父市内で始まった。映画監督の山田洋次さんや元県立美術館名誉館長の木村重信さんらが歴代の審査員を務め、数多くの名作を選んできた。

 会場には、過去にグランプリを受賞した、第1回の「トンネル」から第25回の「おおやの森の物語りより第1章創世記」までの25点が勢ぞろい。このほか、優秀賞のうち養父市が買い取った作品35点も並ぶ。また、出展作家28人の作品約700点の販売もある。

 同展実行委のメンバーで養父市在住の木彫作家、松田一戯さん(71)は「木のもつぬくもりや、作品の生命力を楽しんでほしい。また、小さな田舎で続いている公募展の、歴史と伝統を感じていただければ」と話している。

 午前10時~午後8時(23、24日は午後9時、26日は午後6時まで)。阪急うめだ本店TEL06・6361・1381

但馬の最新
もっと見る

天気(12月12日)

  • 13℃
  • 8℃
  • 50%

  • 10℃
  • 5℃
  • 60%

  • 13℃
  • 7℃
  • 90%

  • 12℃
  • 8℃
  • 70%

お知らせ