但馬

  • 印刷
地元出身の絵本作家・羽尻利門さんの原画が並ぶ展覧会=資母地区コミュニティセンター
拡大
地元出身の絵本作家・羽尻利門さんの原画が並ぶ展覧会=資母地区コミュニティセンター
羽尻利門さん
拡大
羽尻利門さん

 兵庫県豊岡市但東町出身で、絵本作家として活動している羽尻利門さん(38)=徳島県阿南市=の絵本原画展が、同町中山の資母地区コミュニティセンターで開催されている。列車旅行をする家族や桜の咲く小道などを、陰影や色彩豊かに表現した26点が並ぶ。30日まで。(秋山亮太)

 羽尻さんは同町畑山生まれで、2歳で京都市に引っ越した。大学卒業後は貿易会社に務め、20代後半からイラストレーターとして本格的に活動を始めた。写真さながらの細かい描写と、温かみのある人物が調和した絵が特徴。現在は絵本制作のほか、学校教科書の挿絵なども手掛けている。

 展覧会は、住民自治組織「資母まちづくり協議会」が、地元の子どもたちに読書や芸術への関心を高めてもらおうと企画した。但東での原画披露は初めてといい、羽尻さんは「生まれ故郷でもある特別な場所で、絵を見てもらえるのがすごくうれしい」と喜ぶ。

 会場には「わくわく!れっしゃでかぞくりょこう」という絵本の原画などを展示。渓谷の橋を渡る列車を空から見たように描いた作品は、川の釣り人や別のつり橋など、列車と比べてはるかに小さいものも細かく描き込んでいる。

 別の駅弁の絵は、おかずの唐揚げやちくわ、ブロッコリーから、匂いや味が伝わってくるような立体感がある。イチョウの巨木や、田園地帯で遊ぶ子どもたちを描いた絵もある。

 午前9時半~午後4時半。無料。25日午前10時からは、羽尻さんによる絵本作りのワークショップ(先着30人、200円)とギャラリートークが開かれる。資母地区コミュニティセンターTEL0796・56・0001

但馬の最新
もっと見る

天気(12月15日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ