但馬

  • 印刷
サンタクロースの衣装を着て清掃活動に励む子どもら=豊岡市大磯町
拡大
サンタクロースの衣装を着て清掃活動に励む子どもら=豊岡市大磯町

 サンタクロースの衣装を着て行う「クリスマスごみ拾い」が16日、兵庫県豊岡市や朝来市などで開かれた。4カ所での清掃活動に子どもから大人まで計約100人が参加した。

 但馬地域の教諭らでつくる「但馬掃除に学ぶ会」が4年前から毎年開催している。現在は兵庫県のほか、約20府県に取り組みが広がっているという。

 この日は午前7時に京都府福知山市のJR福知山駅前から清掃開始。その後、朝来市の和田山ジュピターホールや豊岡市役所日高庁舎前などに移動してごみを集めた。

 最後のじばさんTAJIMA(豊岡市大磯町)では、25人が赤い帽子や服、白い付けひげなどを身に着けて集まった。周辺の道や側溝に落ちている空き缶やたばこの吸い殻、ビニール袋などを拾い集め、ごみ袋に入れていった。

 参加した府中小学校4年の男児(10)は「吸い殻が多かったように感じた。きれいになって気持ちよくクリスマスを迎えられそう」と満足げ。同校4年の男児(9)は「清掃も大事だけど、ごみを出さない努力がもっと必要だと思った」と話していた。

(秋山亮太)

但馬の最新
もっと見る

天気(3月26日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

  • 17℃
  • ---℃
  • 10%

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ