但馬

  • 印刷
長く愛されてきた「かに寿し」と米田雅代さん=新温泉町浜坂
拡大
長く愛されてきた「かに寿し」と米田雅代さん=新温泉町浜坂

 JR浜坂駅(兵庫県新温泉町浜坂)開業の1911(明治44)年から、同駅前で「駅弁」販売を続けてきた「米田茶店」が、来年1月初めに駅弁の販売を終える。人気の「かに寿し」は、かつて1日千個売ったこともあったというが、駅の売店や車内販売がなくなり、売り上げは減少。経営する米田雅代さん(61)は「駅の施設だけでなく、長い間、店を利用してくれた列車やバスの乗降客にも感謝したい」と話す。(小日向務)

 米田さんは、15年前に亡くなった夫で4代目の和弥さんと82年に結婚。共に店を支えてきた。かに寿しは和弥さんの生まれた58(昭和33)年から製造しており、和弥さんは「かに寿しで大きくしてもらった」と話していたという。

 かに寿しは、新温泉町の業者が身を出した香住産のベニズワイガニを、但馬産にこだわった酢飯の上にちりばめて作る。結婚直後の2月、1日千個を記録したことも。「販売を担当していたが、いくらでも売れた。楽しかった」。ただ、大きな炊飯器で炊いてもご飯は弁当40個分。製造をまとめる義母の恵子さん(故人)が、殺到する追加注文への対応を見に来て、「『何やってるの』と怒られた」と笑顔で振り返る。

 売り上げの減少で、コンビニへの転業も考えたが、米田さんは「駅弁屋を辞められなかった」と話す。「店を閉めるのは仕方ないが、最後まで駅弁屋を続けられなかった。夫や両親に申し訳ない」と寂しそうな表情を浮かべる。隣接する道路の改修で立ち退くことから、店自体も来年夏ごろに閉めることを決めている。

 「帰省した際に懐かしむ人もいるだろう」と、かに寿しは1月6日まで販売する。1個千円(税込み)で1日50個限定。予約もできる。おでんや弁当類の販売も年内いっぱいで終える。営業時間は午前5時半~午後10時(日曜は同8時半)。同店TEL0796・82・1128

但馬の最新
もっと見る

天気(7月22日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 50%

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ