但馬

  • 印刷
「亥」をテーマにしたアート展=朝来市多々良木
拡大
「亥」をテーマにしたアート展=朝来市多々良木

 来年の干支(えと)「亥(い)」をテーマにした「アート2019干支展」が、兵庫県朝来市多々良木、あさご芸術の森美術館で開かれている。1月14日まで。

 亥は無病息災や勇敢さの象徴とされる。同館ゆかりの作家ら37人が、絵画や彫刻、工芸、書などでバラエティー豊かに亥を表現。生野学園(同市生野町)の生徒やスタッフも出品している。同市の書家上地拝碩(はいせき)さんは、躍動感ある「亥」の大書を出した。「貫くこと一直線。意志は強く、心は広く大きく」という思いを込めたという。木彫りのイノシシはつぶらな瞳と大きな鼻が愛らしく、金や赤、黒に塗られた土鈴、満月の上に丸々と太ったシルエットが浮かぶ色紙など約150点が並ぶ。

 午前10時~午後5時。水曜日と年末年始(25日~1月5日)休み。一般500円、大学・高校生300円、小中学生200円。TEL079・670・4111

(長谷部崇)

但馬の最新
もっと見る

天気(7月21日)

  • 31℃
  • 26℃
  • 40%

  • 31℃
  • 25℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 30%

  • 31℃
  • 25℃
  • 30%

お知らせ