但馬

  • 印刷
おいしく漬かったイカをパック詰めする女性メンバーたち=新温泉町三尾
拡大
おいしく漬かったイカをパック詰めする女性メンバーたち=新温泉町三尾

 兵庫県新温泉町三尾の住民でつくる「御火浦村おこしグループ」が21日、今シーズン初めて「いかの樽寿司」の出荷作業に臨んだ。こうじやご飯などに約1カ月漬け込んだ「なれずし」を、1枚ずつパック詰めした。近く同町や豊岡市日高町の道の駅などに並ぶ。

 地区に伝わる冬の保存食。浜坂漁協から仕入れたスルメイカに塩をふり、天日干しした後の11月下旬、いずれも地元産のご飯やこうじ、唐辛子に漬け込んで発酵させた。

 この日は、メンバー約10人が漬け込んだイカを1枚ずつ取り出し、形などを整え、順番にパック詰めしていった。作業は来年1月まであと2回程度予定しており、道の駅やまちあるき案内所「松籟庵」(新温泉町浜坂)、農産物直売所「たじまんま」(豊岡市八社宮)などに出荷する。

 今年は気温の高い日が多く、発酵が進み過ぎる心配があったため、漬け込む期間を例年より短めにした。同グループの向根敏己副代表は「うまく漬かるか心配したが、おいしくできた」と満足そうな表情だった。

 例年より小ぶりなイカが多いため、今期の出荷分は1枚千円(税込み)に値下げした。同グループの電話番号とファクスはいずれも0796・80・1458

(小日向務)

但馬の最新
もっと見る

天気(1月22日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 8℃
  • ---℃
  • 60%

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ