但馬

  • 印刷
「いかの樽寿司」づくり。女性メンバーが丁寧に手作りしている=新温泉町三尾
「いかの樽寿司」づくり。女性メンバーが丁寧に手作りしている=新温泉町三尾

 室内にほのかなこうじやイカの香りが漂う。兵庫県新温泉町三尾にある活性化団体「御火浦(みほのうら)村おこしグループ」の作業所。昨年12月下旬、女性メンバー約10人が談笑しながら「いかの樽寿司(たるすし)」をパック詰めしていた。地元で水揚げされたスルメイカを、こうじやご飯などと漬けた「なれずし」だ。

 尾根に挟まれた三尾地区。斜面に家が並び、漁港の北に日本海が広がる。かつて冬は雪に閉ざされ、好漁場が多い海も荒れた。海で取れたカワハギやシイラ、イカなどを塩漬けやぬか漬け、なれずしなどの保存食に加工し、長い冬を過ごした。春には、近くの海で採ったワカメが浜一面に干されていたという。

但馬の最新
もっと見る

天気(3月26日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

  • 17℃
  • ---℃
  • 10%

  • 18℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ