但馬

  • 印刷
養父市内の小中学生が参加した「新春書き初め会」=八鹿公民館
拡大
養父市内の小中学生が参加した「新春書き初め会」=八鹿公民館

 「新春書き初め会」が6日、兵庫県養父市の八鹿公民館(同市八鹿町八鹿)であった。市内の小中学生28人が半紙いっぱいに筆を走らせ、「誠心誠意」や「冷静沈着」など新年の目標を掲げた作品を仕上げた。

 講師を務めたのは、同町などで書道教室を開く西野象山さん(83)ら書家7人。草書や楷書といった書体の種類や成り立ちのほか、筆の持ち方や姿勢など書の心得を説明した。また、模範作品として、西野さんが干支の「亥」を楷書と篆書で実際に書いて見せた。

 この後、児童らは文字のバランスなどの助言を受け、清書に挑戦。選んだ目標について、建屋小6年の男児(12)は「優柔不断な性格なので『即断即決』です」といい、同3年の弟(9)は「学校のみんなと、1年間楽しく過ごしたいので『仲良し』にしました」と話した。

 作品は7~31日まで、同公民館1階ロビーで展示する。水曜休館。(桑名良典)

但馬の最新
もっと見る

天気(7月21日)

  • 31℃
  • 26℃
  • 40%

  • 31℃
  • 25℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 30%

  • 31℃
  • 25℃
  • 30%

お知らせ