但馬

  • 印刷
楽器の演奏に合わせて体を動かすワークショップの参加者たち=たじま荘
拡大
楽器の演奏に合わせて体を動かすワークショップの参加者たち=たじま荘

 兵庫県豊岡市日高町十戸の特別養護老人ホーム「たじま荘」で26日、高齢者と一緒に、心象などを表現するダンスを体験するワークショップが開かれた。入所者や地元住民ら約30人が参加。映像を見たり、楽器の音を聴いたりして、湧いてくる感情やイメージを動きで見せる身体表現に挑戦した。

 城崎国際アートセンター(同市城崎町湯島)の主催。芸術家の技術や視点を生かして、介護現場でのコミュニケーションの課題を解消するのが目的。東京を拠点に活動するダンサーで振り付け家のアオキ裕キさん(50)=兵庫県出身=が進行役を務めた。

 手で自分の頭や顔をなでたり、足の指を曲げたりと簡単な動きから始めた。続いて風に揺れる葉や水の流れなどの動画を見て、受けた印象を動作や視線などで表現した。最後は1人ずつ、楽器の生演奏で短いダンスにも挑戦。太鼓の音に合わせて、こぶしでたたくように動いたり、穏やかな琴のフレーズでは、円を描くように腕を大きく広げたりして、それぞれの踊りを見せ合った。

 参加した女性(61)=養父市=は「ダンスには人の個性やその時の心理が表出することを実感した。言葉にはならない気持ちも見え、興味が一層深まった」と話していた。(秋山亮太)

但馬の最新
もっと見る

天気(2月18日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ