但馬

  • 印刷
マルヨ食品が制定した記念日「ほたるいかの日」と加工商品をPRする社員=香美町香住区香住
拡大
マルヨ食品が制定した記念日「ほたるいかの日」と加工商品をPRする社員=香美町香住区香住

 水揚げ量日本一を誇る兵庫県産ホタルイカのおいしさを広めようと、兵庫県美方郡香美町香住区香住の水産食品製造会社「マルヨ食品」が、3月10日と4月3日を「ほたるいかの日」に制定した。特産品の認知度アップに向け、販売促進やPR活動に力を注ぐ方針。中村善則社長(51)は「マツバガニの資源量が減少傾向にある今、目玉商品の看板を担えるのはホタルイカしかない。知らない人にはぜひ一度食べてもらいたい」と力を込める。(金海隆至)

 「3月10日」は、山陰地方の「山」で3月と、ホタルイカの足の数が10本なので10日とした。「4月3日」は、漁が最盛期となる4月に「山」の3日を組み合わせたという。昨年8月、日本記念日協会(長野県)に申請し、同月に認定された。

 但馬地域でのホタルイカ漁は、マツバガニが漁期終盤を迎える2月頃、一部の底引き網船によって始められる。同社によると、全国的には富山県産のイメージが根強いが、県産ホタルイカは毎年の漁獲量が安定しており、小ぶりであっさりとした味が好評という。

 1955年創業の同社は、地元で水揚げされたカニやノリ、鮮魚などの加工食品を製造、販売している。ホタルイカについては、ボイル製品が主流だった約20年前、他社に先駆けてしょう油漬けを開発。つくだ煮や素干しなどの加工食品を約30種類に増やしてきた。

 記念日制定後に初めて迎える3月9、10日には、朝来市山東町の「道の駅但馬のまほろば」で加工食品などの即売会を実施する。今後は記念日前後に但馬や京阪神の量販店などに販売コーナーを設け、消費者へのアピールを図る。同社TEL0796・36・0215

但馬の最新
もっと見る

天気(7月17日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ