但馬

  • 印刷
窓ガラスにカラフルな紙を貼ったわにぶちみきさんの作品=旧神子畑小学校体育館跡(許可を得て撮影)
拡大
窓ガラスにカラフルな紙を貼ったわにぶちみきさんの作品=旧神子畑小学校体育館跡(許可を得て撮影)
「銀の守人」と名付けられた神野翼さんの作品=鈴の森神社
拡大
「銀の守人」と名付けられた神野翼さんの作品=鈴の森神社
片岡健助さんの作品は、明治期の建物のあちこちに、自身のキャラクター約150体を並べた=旧生野クラブ
拡大
片岡健助さんの作品は、明治期の建物のあちこちに、自身のキャラクター約150体を並べた=旧生野クラブ

 但馬と播磨を貫く日本遺産「銀の馬車道」と「鉱石の道」をアートでつなぐ「鉱山と道の芸術祭」が9~24日の土日曜と祝日、兵庫県朝来市や養父市など3市3町で開かれる。歴史的な建築物や産業遺産で、アーティスト17人が現代アートなどを展示する。(長谷部崇)

 日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」推進協議会の主催。2016年まで朝来市で計4回開かれた「生野ルートダルジャン芸術祭」をモデルに企画した。

 1960年築の旧神子畑小学校体育館跡(同市佐嚢)では、美術家のわにぶちみきさん(37)=大阪府箕面市=が窓にカラフルな紙を貼り出した。72年の閉校時に児童たちが制作したモニュメントのイラストを写し取り、紙に刷り直したという。わにぶちさんは「神子畑が全盛だった頃のにぎわいや子どもたちの声を想像してもらえれば」と話す。

 史跡・生野銀山(同市生野町小野)の観光坑道巻揚機室では連日、アーティスト長谷川章さんによる光の演出が披露される。

 マップは各会場や観光施設で手に入る。NPO法人J-ヘリテージTEL078・599・5337

 エリア別の会場は次の通り。

【生野鉱山】トロッコ道(朝来市生野町口銀谷)▽甲社宅(同)▽旧浅田邸2階(同)▽旧生野クラブ(同)

【神子畑鉱山】神子畑選鉱場跡シックナー(朝来市佐嚢)▽旧神子畑小学校体育館跡(同)

【明延鉱山】北星長屋社宅(養父市大屋町明延)▽オモイデ地下1階(同)

【中瀬鉱山】三柱神社(養父市中瀬)▽中ノ萱社宅跡(同)

【銀の馬車道】灘菊酒造西蔵(姫路市手柄1)▽鈴の森神社(福崎町西田原)▽まるみや堂(市川町屋形)▽樂や(神河町杉)

但馬の最新
もっと見る

天気(9月16日)

  • 32℃
  • 25℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 50%

  • 32℃
  • 24℃
  • 10%

  • 32℃
  • 24℃
  • 20%

お知らせ