但馬

  • 印刷

 兵庫県養父市は18日、市議会の文化会館建設調査特別委員会で、解体する八鹿文化会館(同市八鹿町)のホール天井の吹き付けや空調配管などにアスベスト(石綿)が含まれていることを報告した。市は、施設の使用による健康被害の恐れはなく、安全性に問題はないとしているが、解体時には飛散防止の対応が必要なため、建設予定の市文化会館(仮称)の総事業費を1億円程度押し上げるという。

 市によると、石綿の含有は昨年末、解体工事の設計業者による事前検査で判明。解体工事費用は当初想定の1億5千万円から2億5千万円に膨らむ。

 また、舞台設備や図書館の架台などの費用がかさみ、備品や付帯工事費を1億1900万円から3億3千万円に増額。これらを含め、総事業費は当初見込みの約35億円から44億1400万円になる見通しと説明した。(桑名良典)

但馬の最新
もっと見る

天気(6月26日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 40%

  • 32℃
  • 17℃
  • 30%

  • 30℃
  • 22℃
  • 40%

  • 32℃
  • 20℃
  • 40%

お知らせ