但馬

  • 印刷
日本精機宝石工業が創立60周年を記念して製作したレコード=新温泉町芦屋
拡大
日本精機宝石工業が創立60周年を記念して製作したレコード=新温泉町芦屋
レコード針の針先の模型。イベントでは針を変えて音の違いなどを鑑賞できる=新温泉町芦屋
拡大
レコード針の針先の模型。イベントでは針を変えて音の違いなどを鑑賞できる=新温泉町芦屋

 レコード針の生産を続けている日本精機宝石工業(兵庫県新温泉町芦屋)が15日午後2時から、創立60周年を記念したイベント「レコード茶論」を同町浜坂の浜坂先人記念館「以命亭」で開く。針を変えながら再生するレコードの音の違いを紹介するほか、吉永小百合さんが歌った「夢千代日記」や「はまさか小唄」など同町ゆかりの歌などを鑑賞する。(小日向務)

 同社は、縫い針製造などの「仲川製針工場」を経て1959(昭和34)年、株式会社として設立。現在も約2200種類の交換針の製造に対応し、愛好家からの注文に応えている。最近ではディスクジョッキーの利用も増えているという。

 一般的な針は先が丸いが、高級な製品ほど針先はとがっていて、レコードの溝に接する面積が大きいため、幅広い音域を再現できる半面、レコードや針先が傷む恐れがあり、針の圧力を軽くするので振動に弱いという。当日はレコード針について説明しながら、一般的な針と高級品などでレコードを再生する。

 その後、「夢千代日記」や「花嫁」(はしだのりひことクライマックス)、「温泉町歌」「春来峠」などを鑑賞。ゲスト3人が思い出のレコードを紹介するコーナーも設ける。

 また、記念品としてレコードを製作。一昨年に同社が製作したPRビデオ用に音楽家の江夏正晃さんが作曲した「メモリーオブスタイラス」などを収録している。非売品だが、イベントで聴くことができる。

 同町では、同社と奥田製針工場の2社が現在も針を製造。両社でつくる浜坂製針工業会が毎年4月15日、針まつりを開いている。日本精機宝石工業の仲川幸宏取締役(53)は「浜坂にこだわって針の生産を続けている。今回のイベントは地域への恩返しでもあり、記念行事の一つとして今後も続けたい」と話している。

 参加無料。先着45人(要申し込み、残席わずか)。以命亭TEL0796・82・4490

但馬の最新
もっと見る

天気(8月25日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 20%

  • 31℃
  • 20℃
  • 20%

  • 31℃
  • 25℃
  • 20%

  • 33℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ