但馬

  • 印刷
自宅で育てたギフチョウを手に乗せ、羽化を喜ぶ谷口夋一さん=豊岡市
自宅で育てたギフチョウを手に乗せ、羽化を喜ぶ谷口夋一さん=豊岡市

 「春の女神」と呼ばれるギフチョウの羽化に、兵庫県豊岡市の谷口夋一さん(76)が5年連続で成功した。自宅での人工飼育を続け、羽化したチョウは順次、採卵場でもある近隣の山中に放している。谷口さんは「桜が舞う頃に羽を広げ、優雅に舞っていくチョウはわが子のよう」と目を細める。(末吉佳希)

 ギフチョウは、県のレッドデータブックで絶滅の恐れが増大している「Bランク」に指定されている希少種で、本州の固有種とされる。移動範囲が狭く、生息域ごとに羽の模様が異なることから愛好家からの人気が高い。

但馬の最新
もっと見る

天気(5月24日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ