但馬

  • 印刷
コンテストに参加する和洋菓子店の店主ら=豊岡市大磯町、豊岡商工会議所
拡大
コンテストに参加する和洋菓子店の店主ら=豊岡市大磯町、豊岡商工会議所
(左から)江戸屋「白銀の実り」、遊月亭おばあかふぇ「とちーずおばあがー」
拡大
(左から)江戸屋「白銀の実り」、遊月亭おばあかふぇ「とちーずおばあがー」
(左から)菓心谷常「ふわとろ橘シュークリーム」、朝陽軒「ガトーバスクのバタークリームサンド」
拡大
(左から)菓心谷常「ふわとろ橘シュークリーム」、朝陽軒「ガトーバスクのバタークリームサンド」
(左から)浜坂新杵「たちばなくんのサクっサクっサブレ」、オールベルジュ豊岡1925「柑橘のドーム桜の薫り」
拡大
(左から)浜坂新杵「たちばなくんのサクっサクっサブレ」、オールベルジュ豊岡1925「柑橘のドーム桜の薫り」

 お菓子の神様「田道間守命(たじまもりのみこと)」がまつられる兵庫県豊岡市の中嶋神社で行われる「菓子祭例大祭」を前に、市内中心部で20日午前10時~午後3時半、市内外の51の和洋菓子店が出店する「第9回菓子祭前日祭」が行われる。メイン企画の「タジマモリ菓子コンテスト」には、言い伝えにちなんだスイーツ商品が出品される。(石川 翠)

 例大祭は毎年、全国から菓子メーカーなどが奉納に訪れる。地元住民にも知ってもらおうと2011年から前日祭を実施。大開通りは歩行者天国になり、昨年は約2万3千人が訪れた。

 コンテストには希望した8店が参加する。神様が大陸から持ち帰ったとされる希少種のかんきつ類「タチバナ」を使用した新商品も登場。浜坂新杵(新温泉町)は洋菓子職人が栽培した果実をジャムにしてサブレで挟み、菓心谷常(養父市)はシュークリームの生地に練り込んだ。

 遊月亭おばあかふぇ(新温泉町)は、但馬の名物「とち餅」と美方大納言小豆、クリームチーズ、ミカンを挟んだ大判焼きを出品。ほかに、タチバナの花をモチーフにした焼き菓子=朝陽軒(豊岡市)▽かんきつ類のゼリー=オールベルジュ豊岡1925(同)▽オレンジあん入りもなか=江戸屋(姫路市)-などが並ぶ。120~648円。

 審査は午前11時から公開で行われ、審査員10人が味や地域性などを総合的に評価。午後1時に結果を発表する。実行委TEL0796・22・4456

但馬の最新
もっと見る

天気(5月24日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ