但馬

  • 印刷
人工巣塔を上から見ることができる「山頂あずまや」=県立コウノトリの郷公園
拡大
人工巣塔を上から見ることができる「山頂あずまや」=県立コウノトリの郷公園
あずまやから見える巣の様子=県立コウノトリの郷公園
拡大
あずまやから見える巣の様子=県立コウノトリの郷公園

 県立コウノトリの郷公園(兵庫県豊岡市祥雲寺)で、コウノトリの巣の中の様子を上から見ることができる「山頂あずまや」が完成した。田んぼの中に立つ人工巣塔を見下ろす位置で、下からでは見られない巣の中の様子を見ることができる。28日には「現代の“鶴見茶屋”完成見学会」を行う。

 開園20周年事業の一環で、階段を200段ほど登った山頂付近に設置。開園時間内であれば自由に上がれる。双眼鏡や望遠鏡を持参するとより見えやすい。

 見学会では、出石にあった「鶴山」や「鶴見茶屋」について郷土史家中村英夫さんが、巣にいるコウノトリの様子を眺めながらお茶を楽しんでいた明治期ごろの歴史を話す。ほかに、県立大大学院の教員による地域の地質や歴史、コウノトリの野生復帰についての説明も聞くことができる。

 参加無料。午前11時、午後1、2時の計3回(各1時間)。各回定員15人(先着順)。申し込みは、名前、住所、電話番号、参加人数、希望する回を、電話やファクス(0796・23・6538)、メールで伝える。同公園TEL0796・23・5666

(石川 翠)

但馬の最新
もっと見る

天気(8月22日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 25℃
  • 40%

  • 34℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

お知らせ