但馬

  • 印刷
幻想的な光に包まれる湯村温泉街=新温泉町湯
拡大
幻想的な光に包まれる湯村温泉街=新温泉町湯
竹灯籠が夜の湯村温泉街を彩る夢ナリエ=新温泉町湯
拡大
竹灯籠が夜の湯村温泉街を彩る夢ナリエ=新温泉町湯

 和風の模様が刻まれた竹の灯籠が温泉街を照らすイベント「夢ナリエ」が、兵庫県新温泉町湯の湯村温泉で初めて開かれている。発光ダイオード(LED)の光が約130本の竹灯籠の模様からあふれ、温泉街を幻想的に彩る。6月30日まで。(小日向務)

 夜のにぎわい創出を狙い、湯村温泉旅館料飲組合(朝野康弘組合長)が企画。養父市出身の灯籠作家小川はじめさん(48)=京都府福知山市=が代表を務めるグループ「竹一族の陰謀」に制作を依頼した。

 小川さんは九州で竹灯籠に出合った。放置された竹林が全国的な問題となる中、関心を持ってもらおうと、デザイナーや電気工事技師らが参加する同グループを設立。北近畿で竹灯籠の設置や展示を続けている。

 今回使ったのは、豊岡市などで伐採した竹。長さ2メートル前後にそろえ、デザイン画を基に、竹に開けた穴の組み合わせで花や湯煙などを表現した。「湯村温泉」の文字やハートマークをあしらった竹なども含め、春来川沿いを中心に取り付けている。

 同組合は来年度以降も続ける考えで、「優しい光に包まれた湯村温泉に、多くの人に訪れてほしい」とアピールする。

 点灯は午後6~10時。同組合TEL0796・92・0800

(正午~午後5時)

但馬の最新
もっと見る

天気(8月25日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 20%

  • 31℃
  • 20℃
  • 20%

  • 31℃
  • 25℃
  • 20%

  • 33℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ