但馬

  • 印刷
庭園に咲き始めた赤やピンクのボタン=豊岡市日高町荒川、隆国寺
拡大
庭園に咲き始めた赤やピンクのボタン=豊岡市日高町荒川、隆国寺

 「但馬のぼたん寺」として知られる兵庫県豊岡市日高町荒川の隆国寺で、ボタンの開花が始まった。ほころびつつあるつぼみからは赤やピンクの花びらが顔をのぞかせ、連休中には満開になりそうだという。

 豊かさの象徴として「富貴花」という名もあるボタン。境内に咲く花の起源は、江戸後期の大飢饉の時代にさかのぼるという。同寺が配った米で救われた住民たちが、感謝の気持ちとして植栽したものとされ、現在は約70種の約千株が境内で花を咲かせる。

 同寺の住職大田大法さん(57)は「一重もあれば八重もあり、その色もさまざま。お好みの花を見付けてみてください」と話す。

 5月8日には、同寺近くの「みかたの森こども園」の園児が白象を綱で引いてお釈迦様の誕生日を祝う「花まつり」がある。拝観料は300円。隆国寺TEL0796・44・0005

(末吉佳希)

但馬の最新
もっと見る

天気(5月28日)

  • 25℃
  • 21℃
  • 70%

  • 25℃
  • 20℃
  • 70%

  • 26℃
  • 21℃
  • 70%

  • 25℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ