但馬

  • 印刷
マリーゴールドで新元号「令和」をかたどった「ララメイト」のメンバー=豊岡市日高町祢布
拡大
マリーゴールドで新元号「令和」をかたどった「ララメイト」のメンバー=豊岡市日高町祢布

 兵庫県豊岡市日高町祢布の「コミュニティガーデン・ララ」ののり面にこのほど、新元号を祝うフラワーアートが登場した。オレンジや黄色などのマリーゴールド100株でかたどった大きな「令和」の文字が浮かぶ。11月ごろまで鑑賞できるという。

 維持管理を担当している北井進さん(75)が発起人となり、花の愛好家らでつくるボランティアグループ「ララメイト」が手掛けた。縦5メートル、横10メートルののり面に、シカの食害を受けにくいというマリーゴールドを使い、赤やオレンジなど暖かみのある配色で新元号を描いた。

 「和」の1画目を担当した会社員の河野惠さん(67)=香美町香住区=は「休憩がてら寄ってもらい、新しい時代について思いを巡らせる場となれば」と話している。(末吉佳希)

但馬の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ