但馬

  • 印刷
インターネットテレビを使った情報発信サービスの連携協定調印式に臨むバウコミュニケーションズの金氏三雄社長(右)と広瀬栄市長=養父市役所
拡大
インターネットテレビを使った情報発信サービスの連携協定調印式に臨むバウコミュニケーションズの金氏三雄社長(右)と広瀬栄市長=養父市役所

 兵庫県養父市は10日、インターネット接続テレビを活用した地域情報発信サービス「市民生活ガイド」を始めるため、広告企画制作会社「バウコミュニケーションズ」(大阪市)と連携協定を締結した。同社が開発したシステムを使い、6月上旬から実施。災害時の交通や気象情報のほか、観光情報や子育て支援の施策などを市内外に発信する。(桑名良典)

 ネットとつながり、配信された情報をテレビ画面で見ることができるインターネットテレビは、ケーブルテレビとは異なり、全国の人に向けた情報発信が可能。ホームページとは異なる媒体で分かりやすい情報の発信が行えるメリットがある。

 2017年度の調査によると、インターネット利用でテレビを使う人は全体の約14%。テレビの買い換えなどで今後はさらに普及が進むとされる。

 両者は、災害発生時の緊急情報や交通情報を発信したり、市外向けに観光や移住定住支援の施策を紹介したりするほか、子育てや教育、就職就農支援なども盛り込む予定にしている。

 連携協定の調印式に臨んだ同社の金氏三雄社長は「生活者の視点で課題解決につながるような情報を発信し、市外の人には養父市の魅力が伝わるものにしたい」と話した。

但馬の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ