但馬

  • 印刷
元民宿を改装したゲストハウスをオープンした田尻茜さん(右)と和幸さん夫妻=香美町小代区貫田
拡大
元民宿を改装したゲストハウスをオープンした田尻茜さん(右)と和幸さん夫妻=香美町小代区貫田
地元と都市部からの参加者が交流したハーバリウム作りのワークショップ=香美町小代区貫田
拡大
地元と都市部からの参加者が交流したハーバリウム作りのワークショップ=香美町小代区貫田

 兵庫県香美町地域おこし協力隊を今春退任した田尻(旧姓・北田)茜さん(26)が4月上旬、空き家だった元民宿(同町小代区貫田)を改装した「スミノヤゲストハウス」をオープンした。自然豊かな景観や住民の温かい人柄に引かれて神戸から移住し、念願の夢をかなえた。週末には宿泊客や地域内外の訪問者が交流できるワークショップを開いており、「地元の人と深く触れ合える場所や機会を提供したい」と話している。(金海隆至)

 大阪府堺市出身で、神戸市北区育ち。観光を学んだ神戸夙川学院大(現神戸山手大)時代からゼミの調査研究で小代を再三訪問し、日本の棚田百選に認定されている「うへ山の棚田」で休耕田の耕作を請け負う住民グループ「俺たちの武勇田」のメンバーらと交流を深めた。卒業後は大阪の旅行会社に就職したが、同町地域おこし協力隊への応募を機に退職。2016年春に移住し、昨夏には地元の会社員田尻和幸さん(29)と結婚した。

 ゲストハウスは20年ほど前まで「住乃屋」の名で営業していた元民宿で、築約90年の木造2階建て。1階にふすまで仕切った和室2部屋(各8畳)を宿泊用に充て、2階に田尻さん夫妻が暮らす。外国人や家族連れの旅行者らと一緒に調理して食卓を囲むなど、アットホームな雰囲気に包まれる。

 農村の週末に彩りを添えるのが、茜さんが知人らに講師を依頼して開業前から催すワークショップだ。日本酒のおいしい飲み方や徳島産スダチを使ったポン酢の作り方などに続き、今月12日の母の日には、乾燥させた花をガラス容器に入れてオイルで満たすインテリア「ハーバリウム」作りを企画した。地元や大阪、加古川などから約10人が参加。カップルで訪れた会社員の男性(26)=小代区=は「都市部から来た人と知り合いになれて新鮮だった」と話した。

 「英語での対応やベジタリアンのもてなし方など、学びたいことはたくさんある」と茜さん。会員制交流サイト(SNS)を使った情報発信にも力を入れ、「知ってもらうところからこつこつ始めたい。小さな村の空気や人に触れて、小代に恋する週末を送ってほしい」と呼び掛けている。

但馬の最新
もっと見る

天気(6月20日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 10%

  • 28℃
  • 18℃
  • 10%

  • 30℃
  • 21℃
  • 10%

  • 31℃
  • 21℃
  • 10%

お知らせ