但馬

  • 印刷
国道482号の供用開始を祝い、県境で握手を交わした井戸敏三兵庫県知事(左)と野川聡鳥取県副知事
拡大
国道482号の供用開始を祝い、県境で握手を交わした井戸敏三兵庫県知事(左)と野川聡鳥取県副知事

 2004年の台風被害で不通になっていた兵庫県香美町小代区秋岡と鳥取県若桜町を結ぶ香美町道岩小屋線(約6・4キロ)が25日、15年ぶりに通行を再開して国道482号に昇格した。香美町と鳥取県を直接つなぐ唯一の道路。小代区などで記念式典があり、兵庫、鳥取両県の関係者が観光ルートとしての発展や住民交流の拡大を期待した。(金海隆至)

 国道482号(京都府宮津市-鳥取県米子市)は同区に唯一の不通区間があったため、県が01年、将来国道にする計画で町道岩小屋線を舗装し、車の通行を可能にした。しかし、04年に台風による落石で通行止めに。その後も豪雨被害などで復旧が遅れ、13年以降に防災工事が本格化。全区間1車線の道路に車がすれ違う際の待避所も新設してようやく整備が完了した。

 この日は午後1時の供用開始に先立ち、式典の第1部が兵庫、鳥取の県境で催された。井戸敏三兵庫県知事と野川聡鳥取県副知事が向き合って握手を交わした後、浜上勇人香美町長、谷公一衆院議員(兵庫5区)と並んでテープカット。香美、若桜両町の小学生25人が開通を祝い、一斉に空高く風船を飛ばした。

 続いておじろドーム(同区実山)まで車で移動し、第2部を開催。両県の関係者ら約150人を前に、井戸知事が「待ち望んでいた国道が完成し感無量。狭く険しい道だが、上手に使っていただきたい」とあいさつ。浜上町長は「小代渓谷や氷ノ山など豊かな自然を生かした観光振興と、但馬・鳥取東部圏域の活性化に役立てたい」と述べた。

 来場した同区の女性は「地域の住民や若い子どもたちの相互交流につながるとうれしい」と笑顔で話した。

 なお新たな供用区間は大型車の通行不可。冬季(12~3月)は閉鎖される。

但馬の最新
もっと見る

天気(6月19日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ