但馬

  • 印刷
朝来市の事業所の承継に向けてサポートセンターを開設する市商工会や金融機関の関係者ら=朝来市商工会
拡大
朝来市の事業所の承継に向けてサポートセンターを開設する市商工会や金融機関の関係者ら=朝来市商工会

 担い手不足などで事業継続が難しくなった経営者に、親族や他社などへの事業の引き継ぎを支援しようと、朝来市商工会(兵庫県朝来市和田山町和田山)と市、金融機関6者(但馬銀行、みなと銀行、但馬信用金庫、但陽信用金庫、県信用組合、日本政策金融公庫)が3日、連携して相談や企業診断などを行う「あさご事業承継サポートセンター」を市商工会内に開設した。市商工会によると、商工会が複数の金融機関と連携して事業承継に取り組むのは県内で初めてという。(竜門和諒)

 市商工会によると、市内の民間事業所数は2016年時点で1727件で、09年からの7年間で約13%減少。経営者の平均年齢も60歳を上回るなど、高齢化と人手不足が進んでいる。

 市商工会は事業所などへのアンケート結果から、後継者問題を抱える経営者が多いと分析。金融機関が持つ情報網と市の補助などを活用した効果的な支援を目指し、同センターの開設を呼び掛けた。

 対象は市内に加え、同市に展開を考える事業者。市商工会や金融機関で相談を申し込み、中小企業診断士や税理士などの専門家が決算書などを見ながら聞き取りで企業診断を実施する。その上で、親族間承継のアドバイスや金融機関の情報を活用した担い手探し、合併・買収候補の紹介につなげたいという。

 このほど開かれた締結式には、市商工会の西垣隆会長や多次勝昭市長、各金融機関の代表者らが出席。西垣会長は「事業を次の代につなげる橋渡しを行うことで地域の活力を維持したい」と話した。

 市商工会TEL079・672・2362

但馬の最新
もっと見る

天気(7月17日)

  • 30℃
  • 24℃
  • 20%

  • 32℃
  • 21℃
  • 20%

  • 31℃
  • 24℃
  • 30%

  • 32℃
  • 24℃
  • 20%

お知らせ