但馬

  • 印刷
但馬地域における文化教育の重要性を語る平田オリザさん=香美町役場本庁舎
拡大
但馬地域における文化教育の重要性を語る平田オリザさん=香美町役場本庁舎

 兵庫県が2021年4月に同県豊岡市で開設を目指す専門職大学の意義や概要を説明する「プレカレッジ・イン香美町」が8日、同県香美町役場本庁舎(同町香住区香住)であった。学長に就任予定の劇作家平田オリザさんらが講演、住民や高校生など約80人が耳を傾けた。

 豊岡市のNPO法人「プラッツ」が県の委託で企画。大学の名称は「国際観光芸術専門職大学(仮称)」で、国公立大学としては初めて演劇を本格的に学べるようになる見込みという。

 冒頭、県参事の川目俊哉さんが同大学について「観光とアート・文化を連携させた教育が特長」と紹介。実習や留学などの実践教育に重点を置き、旅行業や舞台芸術などに関わる人材を育成したいと説明した。

 その後、平田さんが講演した。インターネットの発達によって場所を問わずに知識や情報が得られるようになった半面、「都市と地方では経済や教育より文化の格差が深刻になっている」と指摘。美術館や劇場など芸術に触れられる場所が都市に比べて限られていることが原因という。

 しかしここ数年、大学受験では知識偏重から主体性や協働性を重視する傾向に変わりつつあると紹介し、「都市との差を埋めるためにも、コミュニケーション能力や美的感覚を鍛える教育は地方こそ導入しないといけない」と主張。最後にはヨーロッパの芸術祭を例に「文化政策は地域の観光にもつながる」とし、文化教育の重要性を説いた。(竜門和諒)

但馬の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ