但馬

  • 印刷
前夜祭で高石ともやさん(左から2人目)の歌に聞き入る出場者たち=香美町小代区実山
拡大
前夜祭で高石ともやさん(左から2人目)の歌に聞き入る出場者たち=香美町小代区実山

 兵庫県香美町小代区の山岳地帯を駆け抜ける「第27回みかた残酷マラソン全国大会」の前夜祭が8日、「おじろドーム」(同区実山)で開かれた。かつて同大会に出場し、毎年前夜祭に出演している歌手高石ともやさんが軽妙なトークと歌で盛り上げ、出走を控え集まった約400人を激励した。

 大会は住民有志などでつくる実行委員会が主催。全長24キロ、高低差約408メートルの急峻なコースに、同区の人口約2千人を超える3035人がエントリーした。

 前夜祭では高石さんがギターをかき鳴らし、往年の名曲を次々に披露。床に座ってくつろいだ選手たちが温かな拍手と喝采を送った。同区出身の今井雄治副町長もステージに登場し、皆勤出場を続ける各地のランナーたちに感謝を伝えた。

 初めて出場する神戸市北区の理学療法士の男性(38)は「フォークソングが懐かしい。のんびりした雰囲気が最高」と笑い、本番に向けて「『残酷な』坂の魅力を味わい尽くしたい」と張り切っていた。(金海隆至)

但馬の最新
もっと見る

天気(7月19日)

  • 27℃
  • 24℃
  • 80%

  • 26℃
  • 23℃
  • 80%

  • 28℃
  • 24℃
  • 80%

  • 26℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ